タグ:化粧 ( 2 ) タグの人気記事

ゆめや個展

三宮のゆめやで個展が始まりました。
スマホからの写真で速報です。

d0122038_22415855.jpg

d0122038_22415946.jpg

d0122038_22415985.jpg

d0122038_22415940.jpg

今回は頑張って新作をたくさん作って、いろいろチャレンジしてみました。
個展終わってから改めて写真を撮ろうとおもっていますが、まずはスマホでの写真で。

d0122038_22420051.jpg

鼠志野酒器
d0122038_22420040.jpg

鼠志野四方小鉢
d0122038_22420011.jpg

鎬ピッチャー
d0122038_22420190.jpg

粉引五弁小鉢
d0122038_22420148.jpg

神出土藁白釉酒器
d0122038_22420139.jpg

鼠志野ロック碗

[PR]
by tyawannyakobe | 2016-03-05 22:26 | ご挨拶・ご案内

ひび化粧

貫入によく間違えられるひび化粧。

いろんな調合があると思いますが、僕は簡便に蛙目(がいろめ)粘土100%。

薄いと出ません。
濃いと剥離しかけます。

狙いは化粧でひびをいれて、釉薬で密着させて、
貫入のように汚れはつかないように・・・・・

d0122038_0144338.jpg


どうしても先端から乾燥するので、端が濃くなり、剥離しそうです。
この失敗に懲りて、口は一度水につけて水分戻してから化粧掛けするようにしました。


上に掛ける釉薬によっても化粧の表情は変わります。

d0122038_0182522.jpg



適度に釉薬が溶かし込んで、ひびの表情を際立たせながら密着してくれています。

灰釉系の、少し融けすぎっぽい釉薬のほうが合うようですが、
濃すぎると化粧自体を溶かしてしまって、ひびが消えてしまいます。

また、薄すぎると、表面が焦げてしまい、ひびが見えにくくなります。

まだまだ研究の余地がたくさんあって、食器には実用化しておりません。
[PR]
by tyawannyakobe | 2010-05-27 00:23 | 陶芸の技法ー粘土