陶彩パス

以前作った陶彩パス、
やっと酸化の窯でテストしたので。

d0122038_1027841.jpg



上段が還元 透明釉。
下段右が酸化 透明釉。
下段左は酸化 錫マット釉。

黄色と若草は酸化がベター。

錫マット釉では当然少し抑えられた発色だが、
問題はクロム顔料で作った緑が、
錫と反応して錫スフェーン現象を起こして
赤く発色。
しかも銅のように滲んで拡がる。
[PR]
by tyawannyakobe | 2012-06-24 10:19 | 陶芸の技法ー絵付け
<< 電気窯 鉄砂五角鉢 >>