タグ:炭化 ( 8 ) タグの人気記事

炭化の発掘

d0122038_14322429.jpg

d0122038_14322436.jpg

d0122038_14322598.jpg

手前の植木鉢の裏は
d0122038_14322505.jpg

裏向けに埋めた蚊遣り
裏は
d0122038_14322681.jpg

半分炭を剥き出し、半分は籾殻に埋めました
本体の内
d0122038_14322771.jpg

蓋との間にも植木鉢
d0122038_14322797.jpg

d0122038_14322885.jpg

蓋の裏は
d0122038_14322852.jpg

表は
d0122038_14364274.jpg



[PR]
by tyawannyakobe | 2016-07-13 14:26

炭化

教室の方が炭化にチャレンジ。
サヤを購入して籾殻敷き詰める。
d0122038_14253409.jpg

詰める作品の仮詰め
d0122038_14253413.jpg


炭を大雑把に仮置き
d0122038_14253508.jpg

d0122038_14253587.jpg

更に炭を小割りして詰め足し
d0122038_14253658.jpg

籾殻を炭を埋める様に足して行く
d0122038_14253759.jpg

d0122038_14253773.jpg

d0122038_14253747.jpg

窯の最上段に詰めて
d0122038_14253810.jpg


焼けました。
d0122038_14253809.jpg


発掘します


[PR]
by tyawannyakobe | 2016-07-13 14:18

窯場展  ご報告

本日雨の中はじまりました恒例の窯場展。

簡単に実況報告を。

パラパラ漫画風にご紹介します。


玄関の割れた壷です。
教室の方に活けてもらいました。



d0122038_0562267.gif




テーブルの上の新作。

d0122038_0585722.gif


続きはMore
[PR]
by tyawannyakobe | 2010-09-24 01:24 | 作品紹介

もみ殻と貝殻

続けて教室の方の作品。

さやにもみ殻敷き詰めて
その上に作品を置き、
部分的に炭、貝殻、もみ殻乗せて焼きました。


d0122038_23423738.jpg



d0122038_2342569.jpg



灯油窯、還元焼成。


結果は


d0122038_23434194.jpg



d0122038_23435998.jpg



貝殻が持っていた場所は緋色が出ます。

炭を置いたところは焼けて灰になって融けました。
周りにはやはり緋色が。

そして、もみ殻に埋もれていた個所は


d0122038_23464271.jpg



やっぱり緋色が出ました。

貝殻の緋色とは出方、発色が微妙に違いますが。

赤土ではわかりにくいかもね。
[PR]
by tyawannyakobe | 2009-02-19 23:49 | 陶芸の技法ー釉薬

窯焚きー還元2回目

昨日も大雨の中灯油の窯を焚きました。

急いでいたわけではないのですが
4時間ぐらいで終わってしまいました。

d0122038_2217543.jpg

一枚目は最上段。
後ろまでしっかり還元がかかってくれています。
写真右側の火前も焼け過ぎず、後ろも生焼けにならず。

ただ、火前のさやの中の炭化のものは
くっつき防止で底に敷き詰めたモミガラが
まわりに残っていた灰と溶け合い
一部作品がくっついてしまっていたところを見ると
そこそこ温度は上がり過ぎていたのかも。



d0122038_2217408.jpg

2枚目の写真の右側に見えているのがこの窯の特徴の吹き出し口。
バーナーから昇ってくる炎がここで曲げられて根を走るようになっています。
普通に詰めると根ばかりが焼けて天の火裏は生焼けになります。
しかも根の火前は焼け過ぎます。

根の火前をつくで壁を作って、天に炎を導くように窯詰しなくてはなりませんが、
今回は根に3段1寸の高さで棚を組んでみました。


結果から言うとそこそこバランスよく焼けました。
還元のむらは出てしまいましたが、
もうすこし時間をかけてみたらむらも減るかも。

還元のかけ方も手探りです。
煤を吐くまでエアーを絞るべきか、炎を伸ばすだけか、
いろいろ試し甲斐はありそうです。
[PR]
by tyawannyakobe | 2008-07-09 22:23 | 陶芸の技法ー窯

炭化作品2

続いて炭化作品。


これはさやに作品と炭と籾殻いれて、
炭の上にも籾殻を少しのせて
ふた無しで焼成。


還元の窯です。



d0122038_13565025.jpg




d0122038_1357669.jpg




開放されているので、炭の無い部分は素地の色がそのままでますが、
炭が当たっている部分は黒く変化します。

炭に籾殻が乗っていないときは、炭が燃え尽きて灰になって
素地に釉薬として融け付きます。
[PR]
by tyawannyakobe | 2008-04-22 13:59 | 陶芸倶楽部作品

炭化作品1

教室の方の作品で炭化焼成の事例。

さやに籾殻で埋めて。

d0122038_13475577.jpg


これをふた無しで焼くと


d0122038_13482373.jpg



籾殻の灰は真っ白になって、
かさも減っています。

作品は


d0122038_13491642.jpg


d0122038_13493469.jpg



炭化というより、アルカリで赤くなり、俗にいう緋色にてかります。




同様に籾殻に埋めてふたをすると

d0122038_13521964.jpg




これは焼けると炭化して


d0122038_13524823.jpg




d0122038_1353537.jpg




d0122038_13532876.jpg





しっかり黒くあがっています。


なかに炭が小さく入っていたところは変化がでています。
[PR]
by tyawannyakobe | 2008-04-22 13:54 | 陶芸倶楽部作品

炭化

教室の方がさやを購入して
炭化に挑戦。

籾殻、炭の組み合わせでいろいろ発色が変わってきます。



d0122038_1428776.jpg




こうなりました。


d0122038_1430149.jpg



炭が当たっていたところは

d0122038_14331138.jpg



緋色が発色しててかっています。


一輪挿しは下に炭が当たって

d0122038_1435138.jpg



裏は

d0122038_14361296.jpg



籾殻に当たっていた部分はてからずに緋色が出ました。

白い土の方がわかりやすいのですが・・・

一輪挿しの肩の部分に炭が乗ったのは

d0122038_14385283.jpg




つめ方や炭の量によってもいろいろ変化します。

今回は開放で焼きましたが
ふたをして密閉するとまた変わってきます。

全体にもっと黒ずみます。
[PR]
by tyawannyakobe | 2007-08-01 14:40 | 陶芸の技法ー釉薬