陶芸倶楽部 制作

陶芸倶楽部の方が、一閑さんの作品を参考に


d0122038_12301927.jpg



ぱくり・・・・・

もとい


模作しています。



d0122038_1221897.jpg





d0122038_1223327.jpg





前回は赤土で作って
鉄絵で絵付けしてからマグネサイト白マット釉掛けて

焼き上げてから赤絵を薄く塗りました。
今回は白土で作ったので
どうなるか・・・・・
[PR]
# by tyawannyakobe | 2007-08-21 12:28 | 陶芸倶楽部作品

轆轤場ほぼ完成

永いことかかって親父が作ってくれていた轆轤場。

轆轤を3台セッティングして
棚、作品台作ってほぼ完成。

16年間轆轤があった場所は

d0122038_1555410.jpg


まだ壁に土がこびりついています。

永いこと板に囲まれて轆轤と土が同居していました。
泥は飛ばしっぱなし、削りかすは足元にためて
たまったら掻き出す、という作業を繰り返していました。

無論胡坐で轆轤を引いていましたが
今回、腰への負担を考えて
腰掛に変えることにしました。
21歳で26年前に訓練校で轆轤をはじめて
弟子入り時代も最初の数年は蹴り轆轤だったので
腰掛でしたが
その後ずっと胡坐で20年以上慣れてしまっていたので
なかなか決心できませんでした。



新しい轆轤場。

d0122038_1615928.jpg



一応手桶は左の作品台(桟板)の上におくようになっていますが
3人並んで作るときには
後二つ手桶置きがいりますね。


一応真ん中の、轆轤版がよく汚れているのが僕の轆轤。

前の棚も僕の道具がいろいろと乗っています。
[PR]
# by tyawannyakobe | 2007-08-06 16:05 | ご挨拶・ご案内

三木での作品展

もう終わってしまったのですが

三木、自由が丘のとらうべんというギャラリーで
親父と作品展を開催しました。


d0122038_15244167.gif




まず親父の作品から。


d0122038_15251613.gif




d0122038_1525317.gif




なかなか新作は出来ていなくて、旧作ばかりですが
アイデアと色使いがなかなかのものと・・・・



最後が僕の作品。

片隅にちょっとだけです。

d0122038_1527070.gif

[PR]
# by tyawannyakobe | 2007-08-01 15:27 | ご挨拶・ご案内

炭化

教室の方がさやを購入して
炭化に挑戦。

籾殻、炭の組み合わせでいろいろ発色が変わってきます。



d0122038_1428776.jpg




こうなりました。


d0122038_1430149.jpg



炭が当たっていたところは

d0122038_14331138.jpg



緋色が発色しててかっています。


一輪挿しは下に炭が当たって

d0122038_1435138.jpg



裏は

d0122038_14361296.jpg



籾殻に当たっていた部分はてからずに緋色が出ました。

白い土の方がわかりやすいのですが・・・

一輪挿しの肩の部分に炭が乗ったのは

d0122038_14385283.jpg




つめ方や炭の量によってもいろいろ変化します。

今回は開放で焼きましたが
ふたをして密閉するとまた変わってきます。

全体にもっと黒ずみます。
[PR]
# by tyawannyakobe | 2007-08-01 14:40 | 陶芸の技法ー釉薬

轆轤場

親父が昨年からずっとかかって増築していた轆轤場。

今までの仕事場の前に、張り出すように板張りの小屋を作りました。

母屋本体がコンクリートのプレハブなので
簡単に道改築は出来ません。

簡単に言えば母屋に板張りの箱を押し付けたような形。

素人仕事で週末だけの仕事なので完成までなかなかでしたし
僕はまったく手伝っていなかったので
本当にようやく、です。

まず外見。
d0122038_17294581.jpg


d0122038_17295752.jpg



白い壁が母屋の外壁。

木質部分が今回の新築の轆轤小屋。


中身はわかりにくい写真しかありませんが

d0122038_17311917.jpg


d0122038_17313048.jpg



もともとの窓が邪魔で、出入りしにくいし、この後ろに窯があって、
窯焚き時には熱がこもって風通しが悪いので
写真に写っているガラス戸を取り外すべきか・・・・

悩ましいところです。

ところで、今のところ、完成した室内に轆轤を置いてみただけで、
まだ、棚や配線工事は済んでおりません。
[PR]
# by tyawannyakobe | 2007-07-25 17:34 | 陶芸倶楽部案内