<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

釉薬掛け初体験

新人さんが初めての釉薬掛けに挑戦。

d0122038_15353535.jpg


釉薬掛けで一番大変なのは釉薬の攪拌。
今日の方は五十なりたてなのでうちの教室では若手で、まだ力はしっかりありましたが、
それでも大変そうでした。

次に大変なのは目的の釉薬を捜し出すこと。

うちでは五十種類以上の釉薬があるので
不慣れな方はなかなか見つけれません。

d0122038_15353573.jpg



勝手に釉薬桶を移動されたら僕でも分からなくなります。

暑い中をご苦労様です。
[PR]
by tyawannyakobe | 2012-07-28 15:28 | 陶芸の技法ー釉薬

縁の折り返し

縁の折り返し、ロクロでするとこんな感じ。

d0122038_11592279.jpg



陶芸倶楽部の会員さんが紐積みの小鉢で折り返しにチャレンジ。

d0122038_11592284.jpg


途中まで皮で曲げていき、あとは上から抑え込みます。

ロクロでは一瞬でできますが、
手びねりではゆっくりゆっくり出来上がっていきます。

d0122038_11592341.jpg



出来上がりました。

ロクロではできないモサモサっとした雰囲気が出ました。
[PR]
by tyawannyakobe | 2012-07-18 11:42 | 陶芸の技法ーろくろ

湯飲みに記銘

昭和五年生まれの旧制中学入学新制泉尾工業の卒業生の、父親の同窓生が四人集まって
記念の湯飲みを作ろうと
名前を書きに来ました。
d0122038_1352455.jpg



いくつになっても同窓生が集まると
友達同士(^-^)/

ワイワイ言いながら楽しんで書いています。

いい感じに焼けたらいいな(^-^)/
[PR]
by tyawannyakobe | 2012-07-15 13:46 | 陶芸の技法ー絵付け

黄瀬戸小鉢

以前作っていた黄瀬戸小鉢に再度挑戦。
今回は牛ベラという道具にチャレンジ。

d0122038_1647257.jpg



なかなか使いこなせず難儀しました。

使い易いカーブがどんなのかも分からない。

d0122038_1647261.jpg



縁と見込の境目の段を際立たせたかった。
少し慣れてきましたが、
一度社で窯を構えてる標君に教えて貰おうかな。
唐津の隆太窯で修行してきたから、
牛ベラは使い慣れている。
[PR]
by tyawannyakobe | 2012-07-07 16:39 | 陶芸の技法ー道具

皿二題

陶芸パスで絵付けした皿。

d0122038_16393847.jpg


透明釉で酸化。

キレイに可愛くあがりました。


鼠志野皿

d0122038_16393923.jpg



本来鼠志野は還元で焼きますが、
織部で彩色したので酸化で焼きました。
心配していた鬼板の発色も思わぬいい色に。
志野釉が少し泡吹きましたが、
作者は喜んでました。
ただ、志野釉は余り反らせない釉薬なのに今回は結構反ってしまいました。
[PR]
by tyawannyakobe | 2012-07-07 16:32 | 陶芸倶楽部作品