カテゴリ:その他( 11 )

長方皿

知り合いのお店の注文で長方皿を制作。
午前中教室中に粘土をスライス。
油断していたらこの晴天、どんどん乾いてきて
昼食後慌てて型紙に合わせて切り揃え、楕円鉢の石膏型に乗せて型押し。

形が一つしか無いので粘土が乾いてくれて助かった。

d0122038_191386.jpg

[PR]
by tyawannyakobe | 2013-05-21 18:53 | その他

壁を彩るお皿

他の方々の作品は、色々刺激的です。

ガラスやフェルトや、よく解らないまのまで。

ギャラリーの方のお勧めで
昼食に、近くのスリランカ料理のお店のテイクアウトのカレーを。


d0122038_13194510.jpg



辛くて旨くて五百円。


コートロッジ神戸店


お勧めです。
[PR]
by tyawannyakobe | 2011-04-07 13:15 | その他

3月28日

本日午前中は、神出町の児童館で、
出張教室。
小学生メインで、お茶の器を作ろうと言う企画。
お茶を習っているからか、
作りたい物がはっきりしていて、
低学年の子供達まで、ためらいなく楽しんで作ってくれました。

夕方には、大阪の書家の先生が、
印泥入れの注文の再確認。

子供達の弁当作りから、送迎まで、
合わせて非常に忙しい一日でした。

還元の窯も、やっと終了して、一日が終わりました。
[PR]
by tyawannyakobe | 2011-03-29 01:26 | その他

3月8日

本日の仕事。

前に書いたように、灯油窯を窯出し。
午前午後教室。

印泥入れの試作、第三弾。

教室終わってから、
昨日作った荒れ磁器土の大皿と大鉢の削り。

印泥入れの試作、第三弾の仕上げ。

今回は上・下共にタタラでつくり、
紐積みの粘土をロクロで仕上げ。
[PR]
by tyawannyakobe | 2011-03-09 01:19 | その他

まりん14歳  写真展

以前お世話になった須磨寺のあいうゑむにて、昨日からまりんさんの写真展が開かれていて、
本日長男と見に行ってきました。

あいうゑむのオーナーで詩人の福永祥子さんの口利きで夏前に参加させてもらった
モトコーのギャラリーでのグループ展のときにまりんさんとご一緒して、

搬出も終わってから初めてまりんさんや、パフォーマンス詩人の詩屋さんと
ながながとおしゃべりしました。

詩屋さんは即興詩人、そのときは、よっぴー&まりんの写真見て、
その場で言葉を綴ってくれて感激しました。

案内状もまりんさんの写真に詩屋さんの言葉が載っていたので、
てっきりジョイント展かと思って、
搬出のときの提案が実現したのかと喜んだのですが、


まりんさんの初個展でした。

局部を切り取る写真が印象的な、展覧会です。

ちなみに、明日からは永江俊昭君の陶器も参加します。
[PR]
by tyawannyakobe | 2010-09-03 00:38 | その他

初釜と刀鍛冶

土曜日、急に教室お休みにさせていただき、
友人の永江くん宅で、初釜にお邪魔しました。

12月に作品展をしたSAGAのオーナーとご一緒に神戸のはずれからさらに北へ1時間あまり。

国道175号線を加古川に沿って北上して、丹波市山南町の永江君の窯場へ。

登り窯も完成し、あとは焚くのを待つばかりの仕事場です。

以前グループ展していたときには毎年正月に初釜に招待されていたのですが、
ここのところご無沙汰で、
僕のようにお茶ちょっとかじっただけの人間には
心安い知り合いのお茶会が適度の緊張感があって心地よいです。

SAGAのオーナーは長くお茶をたしなまれていて、御着物もお召しで、
本格的にお茶会に臨戦態勢。

お正客お願いしました。

で、言い忘れていましたが、永江君の窯場含めて?
牟三荘という芸術村になりつつあります。

で、ご一緒に創作活動されている草木染の作家さんと、本日もうひとつのお目当て、
日本刀の鍛冶、タッキーと、一緒にお茶をいただきました。

その後、牟三荘を見学、各作家の工房を案内していただきました。

まったく写真がないので良くわからないでしょうが、
いつのまにか、不思議な芸術空間が構成されつつあります。

登り窯本格的に焚くときにはお邪魔する予定です。
[PR]
by tyawannyakobe | 2010-01-11 10:49 | その他

ギャラリーまわり

永らく放置でしたが、生きております。

月曜日に三宮に出て、
ギャラリー回りをしました。

といっても、作品を見たのは1軒だけ、
以前作品展をした事のあるTORギャラリーで、知り合いが作品展をしていたので。

手島英則さんの作品展です。

まじめにきちんと轆轤をひいて、
忘れかけている初心を思い出させてくれる作品たちでした。

機会があればぜひ御覧いただきたい
作品も値段も良心的な器です。



もう1軒は、食農舎という食品の宅配をしている兄から、
顧客の知り合いがギャラリー始めるからと紹介された
Sagaというギャラリーを見てみるため。

行ってみると路地なかなので、曲がり角が判りにくく、何度か迷ってうろうろしたあと
やっとたどり着きました。

行ってみたらまだこれから改装するとのことで、
雰囲気はわからないのだすが、
久しぶりの三宮もいいかと。

それよりも、説明してくれた責任者の方が美人すぎて
なんか妙にどぎまぎしてしまいました。
[PR]
by tyawannyakobe | 2009-09-18 12:04 | その他

井戸茶碗

ちょっと事情があり、今まで作った井戸茶碗の、代表的なものを並べてみます。

①直径15.2CM 高さ8.2CM 5000円
d0122038_1222916.jpg
d0122038_12223178.jpg
d0122038_12224044.jpg



②直径15.8CM 高さ8.0CM 5000円
d0122038_12245483.jpg
d0122038_122597.jpg
d0122038_12251962.jpg



③直径15.8CM 高さ7.3CM 5000円
d0122038_12255420.jpg
d0122038_12255694.jpg
d0122038_12255876.jpg



④直径14.0CM 高さ8.0CM 7000円
d0122038_1331275.jpg
d0122038_1331401.jpg
d0122038_13314816.jpg


⑤直径14.8CM 高さ7.9CM 7000円
d0122038_1333424.jpg
d0122038_13331335.jpg
d0122038_13332663.jpg


⑥直径14.5CM 高さ7.1CM 5000円
d0122038_13345734.jpg
d0122038_133555.jpg
d0122038_13352510.jpg


⑦直径15.0CM 高さ8.4CM  4000円
d0122038_13374245.jpg
d0122038_13375699.jpg
d0122038_1338440.jpg



⑧直径14.5CM 高さ8.0CM  7000円
d0122038_13402216.jpg
d0122038_13404561.jpg
d0122038_13411363.jpg



⑨直径14.2CM 高さ8.5CM  5000円
d0122038_13422294.jpg
d0122038_13423034.jpg
d0122038_13423983.jpg



⑩直径14.3CM 高さ6.2CM  8000円
d0122038_13433992.jpg
d0122038_13434985.jpg
d0122038_13435764.jpg



⑪直径14.0CM  高さ7.5CM  8000円
d0122038_13452092.jpg
d0122038_13452915.jpg
d0122038_13453725.jpg



⑫直径13.8CM 高さ6.7CM  7000円
d0122038_1347381.jpg
d0122038_13471191.jpg
d0122038_13471969.jpg



⑬直径14.0CM 高さ7.0CM  8000円
d0122038_13485526.jpg
d0122038_1349235.jpg
d0122038_1349918.jpg



⑭直径14.2CM 高さ7.8CM  5000円
d0122038_13502330.jpg
d0122038_13502993.jpg
d0122038_13503859.jpg




⑮直径14.8CM 高さ7.8CM  5000円
d0122038_13513064.jpg
d0122038_13513849.jpg
d0122038_13514481.jpg

[PR]
by tyawannyakobe | 2009-03-28 13:53 | その他

ふと思うこと

大阪での個展真っ最中ですが、
画像が・・・・・

携帯のカメラは携帯してるせいか、なぜか曇ったようになり、
実用でなくなってしまい。

デジカメを持参してみたら電池切れで写せず・・・w


会場の報告は明日以降改めてするとして、
本日高校の友達と大阪で飲み会があり、すっかりいい気分で帰って来て、
その続きで酔った勢いで書き込みます。


うちの教室の作品展ではあまり見かけないのですが、
アマチュアの作品展、特にグループ展の時に、

作品が、作者のキャパシティぎりぎりの作品出してることが多くて、
「ここまでできるんや!」「こんなことができるねん」という作品がずらっと並ぶと
見てる方が、そのぎりぎり感が伝わって、正直しんどいです。

その向上心は大事ですが、それをそのままストレートに出されるとね。


特に年配の男性が、ある程度やってくると
仕事の延長の感じで、生真面目に取り組んで、
そのまま作品に反映させようとして・・・・

やっぱり遊び心は女性の方があふれていると実感するこの頃です。

男性作陶家の向上心に遊び心が加わったら
かなり強力なものになると信じています。

ちょっと気を抜くことも大事かと・・・
その辺は女性の(一般男性から見たら適当に見えてしまうような)遊ぶところを
見習う、というか、参考にしてほしいです。


偉そうに書きましたが、
プロから見たアマチュアの姿勢で、ちょっと気になったことを
述べてみました。
酔った勢いなので、醒めたら消してしまうかもしれませんが。
[PR]
by tyawannyakobe | 2009-03-21 02:26 | その他

ブログ投稿講座

作品展の写真はおいておいて。

またまたブログ活用法を。

前回お伝えした投稿画面。

d0122038_0481492.jpg


多分この画面が出てくると思います。

名前の欄は、教室で、僕にわかる名前なら別にフルネームでなくても構いません。
また、本文中にわかるようになっているなら適当でも結構です。

URL欄は、ご自分のホームページやブログがあって、
参照してもらいたいときには記入してください。
見られたくない時や、ないときは空欄でOK

その下の空白は本文コメント欄です。
好きなことを書いてください。

その下の「非公開コメント」は前回解説した通り、
他の人に見られたくないコメントのときに
チェック入れてください。

そして最後の「削除用パスワード」は書き込んだけど
後悔してやっぱり消去したいと思ったときに
消せるようにある欄で、
自分で覚えられるパスワードならOK

消すつもりがないなら気にせず適当に記入してもOKです。

ちなみに、この、エキサイトブログにログインしてから、
この画面見たら、名前は自動的に記入されてしまいます。
また、削除用パスワードも出ません。
でも、削除はできるのでご安心を。
[PR]
by tyawannyakobe | 2008-12-11 01:00 | その他