朱泥土?

d0122038_033234.jpg



窯場展直前にして、まだまだ作っています。

今日は久しぶりに美濃の五斗蒔土ベースの赤土を作って、
ロクロ引きました。

僕の標準土にしている調合なんですが、
酸化鉄の代わりに弁柄入れてみたら


なんか、まるで朱泥土見たいな色。

でも、手触りは五斗蒔土特有のざらざら感。
この感じが個人的には好きなんです。
焼きあがった感じもね。

ただ、発色が、テストなしのぶっつけ本番ですが。

酸化鉄を弁柄に変えただけだから、そんなに変わらないとは思いますが。

見た目がまるで違うし、轆轤の回りも赤いのがいっぱい飛んでしまいました。

明日はこれに掛ける御本手化粧の調合を
作り直して、掛けてみます。

以前の調合で御本手が出なくなったのが、
原料が変わったせいなのか、灯油窯に変えたせいなのか、
確かめたいと思います。
[PR]
by tyawannyakobe | 2009-07-01 00:41 | 陶芸の技法ー粘土
<< 陶芸倶楽部 案内 窯場展ご案内 >>