ピンク釉薬

ピンクの釉薬のテスト。

1994年に行った、石灰透明釉にピンク顔料の陶試紅混ぜるテスト。

左から基礎釉(石灰透明釉)100に対し10%、12%、14%、16%、20%

d0122038_15303126.jpg



画像では分かりにくいかもしれませんが、
顔料がマンガンーアルミナピンクなので、
アルミナが増えるせいか、10%で薄ピンクに発色した時点で
釉調がマットっぽくなります。

ヒントとしてはアルミナ分の少ない釉薬を基礎釉にしてやればいけるのでは?
[PR]
by tyawannyakobe | 2008-11-01 15:33 | 陶芸の技法ー釉薬
<< 陶芸倶楽部作品展 織部釉テスト >>