市販の釉薬と引退

ご近所のアマチュア陶芸家の方が
高齢と使われていた灯油の窯の故障をきっかけに
引退されました。

市販の釉薬をたくさん買われていたのを譲り受けました。

d0122038_9564712.jpg



d0122038_9565718.jpg




ほとんど市販の釉薬使ったことがないので
1からテストしなくてはなりませんが
ちょっと好奇心も^^

メインは丸二の鉄赤釉、かいらぎ釉、萩青窯変釉、柿天目釉、水青磁釉などなど・・・・
データがないので何度で、どんな雰囲気で焼けばいいのかわかりません。

それにしても、たくさん溜め込んでいたんですね。
一生遊べる趣味とはいいながら
窯焚きまで考えると電気窯以外はある年齢までに
なってしまうのか・・・・・・

酸化オンリーの電気窯ならいつまでも遊べるのかもしれませんが
それでも、棚板なんか、重くて割れやすいですしね。
釉薬掛けも、攪拌するのは重労働ですしね。


いろいろ考えさせられる知人の引退でした。

そういえば、僕が独立した15年ほど前に先輩が引退しました。
そのときに土練機譲り受けたのですが
この先輩、渡りの轆轤職人を長年続けていました。

酒癖が悪く、なかなか同じ窯で長い時間は仕事ができなかったのですが、
腕は一流でした。

ほんと酒癖は悪かったし、アル中、ニコ中でしたが。
[PR]
by tyawannyakobe | 2008-04-27 10:05 | 陶芸の技法ー釉薬
<< 土揉みー足踏み ガラス釉と色ガラス >>