土揉み  足踏み

珍しく連続投稿です。

昨日、久しぶりに足で土揉みしました。

普通は100キロぐらいまでは手で揉むのですが、
ちょっと固くなっていたので、
手で揉むと大変かな?と思って、挑戦してみました。

まず板に粘土を広げて、

d0122038_12211284.jpg


その上に乗っかって、とりあえず踏みまくります。

d0122038_1222641.jpg



固い大きな塊とどろどろの部分と、少しの水で、
よく滑ります。

塊を重点的に踏み潰して、
徐々に自分が回りながら踏み広げて行きます。

d0122038_12241256.jpg


d0122038_12242645.jpg


d0122038_12243961.jpg



ある程度やわらかい粘土なら、このまま足で丸め込んでいくのですが、
まだちょっと固いので、手で折り曲げて重ねては踏み広げ、
これを小1時間繰り返して、汗ばむころに終わります。

手で揉むより、体重乗せるだけでいいので、
圧倒的に楽ですが、
ちょっと体重が足りないようで、苦労しました。
足場の板も少し小さくて、
はみ出ないように苦労しましたが、
なかなか原始的ないい仕事です。




なお、手で大量に揉むときの様子はこちら
[PR]
by tyawannyakobe | 2008-04-13 12:27 | 陶芸の技法ー粘土
<< 炭化作品1 ガラス釉と色ガラス >>