藁灰釉・美濃黄土テスト

教室の方からのリクエストで
斑唐津になるような藁灰釉が欲しいと言われ、
天然藁灰、天然土灰、釜戸長石でわら白釉を調合しました。

藁灰    3   3   3   3   3   3   3
土灰    2   3  3.5 3.5  4  4.5  5
釜戸長石 3   3   3  3.5 3.5 3.5 3.5

d0122038_2383510.jpg






藁灰    3   3  3.5  4  4.5  5   5   5
土灰    3   3   3   3   3   3   3   3
釜戸長石 2   3   3   3   3   3   4   5


d0122038_2395093.jpg





美濃黄土100に対し外割りで天然土灰を添加
 

0%  1%  2%  3%  4%  5%  10%  20%  30%  40%  50%

上段還元 下段酸化


d0122038_23104665.jpg



中国黄土での黒釉の代わりになるかのテスト。
鉄分不足で茶色にしかならず。
飴釉の候補。




鼠志野テスト

白土の上に鬼板と美濃黄土で化粧した上から長石単味の志野釉
鬼板と美濃黄土に白土を外割りで0~100%添加


d0122038_23122328.jpg



鬼板は鉄分が多すぎて、鼠志野が黒くなり、美濃黄土は鉄分が少ないので単味でいけるかも。
ただし、狙いの青みがかった灰色には別で鉄分加えた方がいいかも。
新たにテストする必要あり。

また、酸化焼成で紅志野にも美濃黄土単味が最適か?
[PR]
by tyawannyakobe | 2015-06-07 20:01 | 陶芸の技法ー釉薬
<< 三木工芸家協会第30回記念作品展 神出の土 テスト >>