第28回三木工芸家協会展 列品解説

本日から三木工芸家協会の28回作品展が三木の堀光美術館で始まりました。
今年は始めての試みで本日列品解説、来週体験陶芸を企画。
本日午後1時半から作者それぞれが、個々の作品の説明をしました。

d0122038_18354630.jpg

d0122038_18354780.jpg

d0122038_18354847.jpg

d0122038_18354919.jpg

d0122038_18355059.jpg



僕は弟子入り時代の先輩達が伊勢から来て居たので
余計緊張して、話そうと思っていた事の半分くらいしかしゃべれませんでした。
なかなかマイク持って人前で話す事の難しさを実感しました。
政治家や学校の先生の偉さが少し分かったような気になりました。

個人的なは他の作者の話をまとめて聞けたのは収穫でした。

全体説明のあと、作品取り出して裏も見ると言う企画に移り、
更にいろいろ質疑応答が行われました。
d0122038_18355062.jpg

d0122038_18355134.jpg



緊張したけど楽しかった企画でした?
見られたみなさんはどうだったのでしょう?

反響が気になります。
[PR]
by tyawannyakobe | 2013-06-02 18:22
<< 伊勢からの客 冷却還元 >>