いっちんと灰釉

教室の方がいっちんでトンボを描きました。

細い線にしたいというので、
スポイドの先に真鍮のアダプターつけて、
素焼きの器のうえに、素焼き化粧を濃い目にしたので。

d0122038_1645385.jpg



d0122038_16455423.jpg


この上に、青磁釉とカオリンマット釉を1対1でブレンドした
乳白青磁釉を掛けて・・・・




焼けました。


d0122038_16462857.jpg



d0122038_16464488.jpg






そのほかに、

ビードロ状に溜まって、なおかつふちにもムラを残したいとのリクエストで、

全体に「合成土灰ビードロ釉」(一般には御深井(おふけ)釉と呼ばれてる)という、
少し流れやすい灰釉かけて、

ふちの部分に、筆で、ムラに塗り、

見込みには、合成灰釉という、さらに溶けて流れやすい釉薬を溜めて



焼きました。



d0122038_16513043.jpg



d0122038_16514612.jpg




狙い通り、いい感じにムラと溜りが出来ました。
[PR]
by tyawannyakobe | 2010-09-29 16:53 | 陶芸倶楽部作品
<< ルーシー・リーのコピー 窯場展  ご報告 >>