白萩・卯の班釉テスト(失敗)

d0122038_2251337.jpg



珪酸系の乳濁優釉、白萩・卯の班釉のテスト。

上段

天草陶石 2  2  2  2  2
 土灰   2  2  2  2⇒ 3
モミ灰   2⇒ 3⇒ 4⇒ 5  5


下段

天草陶石 2  2  2  2
 土灰   2  2  2⇒ 3
ワラ灰   2⇒ 3⇒ 5  5


結果としては、モミ灰は珪酸分きつすぎて、論外。

そして、陶石も、融けにくくて、やはり長石にすべきだったか。
カオリン加えてアルミナ分加えて少し融けやすくはできるが。
[PR]
by tyawannyakobe | 2010-06-08 22:16 | 陶芸の技法ー釉薬
<< 白萩・卯の班釉テスト その2 かいらぎーテスト >>