登り窯

山南町の登り窯を焚くのをお手伝いしてきました。

そして、作者の永江俊昭君の窯だし作品展が、
現在須磨寺商店街のギャラリー柴野にて14日まで開催しています。

教室のかたと先日見てきました。

永江君も4日に亘る炎との格闘に疲れながらも
生まれてきた作品たちを前にして、
「やっぱり登りって、ええなあ」としみじみ申しておりました。

今回は初めての窯焚きで、僕も20年ぶりに焚き、
しかも一晩しか手伝えなかったので、
お互い悔いが残っております。

今月26日より再び窯焚きにリベンジ。
僕は土曜日から日曜にかけて参加予定。

永江君の好意により、陶芸倶楽部のかたも、希望があれば作品を入れることができます。
ご希望の方は茶碗屋までお伝えください。

ちなみに登り窯に「託孤窯」と命名されました。。
[PR]
by tyawannyakobe | 2010-02-10 21:21 | 陶芸の技法ー窯
<< 電気窯ー応急修理 初釜と刀鍛冶 >>